So-net無料ブログ作成

E-300ユーザーが見たオリンパスE‐500 [新製品について2005-2006]

デジタル一眼の新製品オリンパスE-500のカタログを入手したので、
私の持っているE-300と比較してみました。

E-500はデジタル一眼では世界一軽い本体435グラム

E-300が580グラムだから圧倒的に軽い!
(ちなみにEOS Kiss Digital Nは485グラム)
 サイズも高さは低いが横に長いE-300よりずっと小さい。

E-500には大画面2.5型21.5万画素液晶モニターが搭載されました。
(E-300は1.8型13.4万画素)
情報表示は「かんたんモード」「詳細モード」が選択できますが、
「かんたんモード」というわりには、けっこう情報量が多いんでは?
「詳細モード」はマジで情報量が多すぎて、慣れないと、混乱しそうです。液晶が大きくなったからって、こりゃ詰めこみ過ぎ!(苦笑)

詳細です


拡大表示は最大14倍。(E-300は10倍)
拡大した2画面を並べて比較できるライトボックス再生機能というのが
付きました。ピントや手ブレの比較がその場で出来るというのが強みです。
個人的には撮影直後にそこまでチェックしないよ~というか、
あとでパソコンで比べてみればいいじゃんという感想です…。

測光センサーは49分割
OM世代には懐かしいハイライト&シャドーコントロール機能がついて
測光性能はE-300より大幅にレベルアップしています。

露出補正ボタンがE-300では背面にあったのが、
E-500ではシャッターボタンの近くについていますこれはいい!
E-300の露出補正はやりにくいのです。

しかし操作系がE-300とかなり違ってるので、もし併用するとしたら、ややこしそう…
なんだか全体のフォルムはどちらかというとEOS Kiss Digital Nに似てますね。
かなり意識して設計されたのではないでしょうか。

ううむ…なんか似てる

 

ほとんどの点でE-500の機能はE-300を凌いでいるようです。
しかし、カメラ雑誌で指摘されていたのですが、ファインダーがE-300より劣るようです
倍率が低い! (E-300は1.0倍、E-500は0.9倍)
小さく見えるので、ピントの確認がしにくいわけです。
E-300のファインダーが特別に優れているわけでもないので、これは痛い欠点。
撮影した後の確認も大事ですが、撮影する前の確認も大事だと思います。
デジタルになって、撮影後の確認(液晶モニター)が重視され、
どんどん向上していく一方で、
撮影前の確認(ファインダー)は軽視されて、質が低下していくのって、おかしいのでは?
その点、ペンタックスの*istDシリーズのファインダーはいいですね。
ダストリダクション搭載のオリンパスE-500に
ペンタックスistDシリーズなみのファインダーを
搭載したら最高のデジタル一眼になると思うのですが…

 ファインダー以外はほんとに細かいところまで進化してるので残念!

 

 

さて発売日は11月11日。

買う人はブログでレポートよろしくお願いします!

OLYMPUS デジタル一眼レフカメラ E-500 ブラック レンズセット


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 1

コメント 2

IXY-nob

確かにファインダーがもう少しよければ絶対に買いたいんですが・・
by IXY-nob (2005-11-06 22:24) 

かめむし

ファインダー像を拡大するマグニファイヤーME-1が12月に発売されるそうです。ファインダーに関する不評はメーカーも予想していたのかも?
E-300にも使えるそうなので、ちょっと気になっています。
by かめむし (2005-11-14 21:26) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。