So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の4件 | -

へんなマクロ [EOS M]

IMG_6014-1 のコピー.jpg

また変なもん買っちゃいました。

キヤノンEOS M用の28mmマクロレンズです。

(35mm判換算で45mmくらい)

LEDライトなんか付いちゃってまして、

かなり(よい意味で)オモチャっぽいレンズです。

普段は前面にカバー(フード?)を装着してますんで、LEDは隠れてます。

そうそう、EOS Mって「ひみつどうぐ」って感じなんですよね。

たいした威力はないけれど、いざという時に助けてくれる道具。



ただ、このEF-M28mm F3.5 マクロ IS STM

通常撮影には、なんら問題ないんですけど、

クローズアップ撮影(接写)は初代EOS Mには荷が重いみたいで、

AFは合わないし、MFもやり辛くて、まいっちゃってます・・・。

おいおいマクロレンズだろう!(苦笑)

(ブツ撮りはまあまあOKだけど、お花みたいなのは全くダメです)


でも写りはイイんですよね。

さすが最新の単焦点レンズです。

EOS M専用レンズのラインナップに

広角と中望遠の単焦点レンズが加わわってくれれば、

もうズームはいらないかもって感じなんですけどねえ。




nice!(11)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ガウラ [日記雑感2018]

P2090020 のコピー.jpg

OLYMPUS  STYLUS  TG-850   f5.2 1/640sec  トイフォト


この看板、好きなんですよ。

なんだか家族の幸せ感に溢れてるでしょう?

ガウラ、昭和のアニメキャラっぽいのがいいね。

大平透さんの吹き替えが似合いそう。




ガウラ…千葉県袖ケ浦市のマスコットキャラクター

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

HOT BULB ENGINE [日記・雑感2017]

IMG_4601.JPG

Canon EOS M  EF-M18-55mmF3.5-5.6 IS STM  1/640sec  f8.0 ISO200   「渚の駅たてやま」


焼玉エンジンという旧式の船のエンジンだそうです。


 


nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

EOS M5 [新製品について2017]

IMG_0218.jpg

Canon EOS Kiss X7  TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR (A16)


一眼レフのEOSを自動車に例えるとするなら、ミラーレスの

EOS Mは、狭い路地もスイスイ入っていけるスクーターのような存在。

だから、必要だし、持っている価値がある。

そう考えてる私にとって、

EVF(電子ビューファインダー)が内蔵されて、

まるで一眼レフみたいになっちゃった

EOS Mの最新型、EOS M5には、いまいち興味がわかなかった。

それに、発表された製品写真を見たとき、

メタリックな外装の色だとか、オーソドックスな雰囲気から、

1997年に発売されたオリンパスOM2000になんだか似てるな~と思った。

低価格なコシナ製のOEM機でニコンFM10などの兄弟機に当たる

OM2000に似てるって、なんだか微妙だな~。

(そう思ったのは、わたしだけ?)

オリンパスや富士フィルムのミラーレスカメラが、

懐古趣味というか、往年の名機を明らかに意識したような

デザインなのに比べ、

EOS M5は過去のキヤノンカメラのどれにも似てないうえに、

オーソドックスの極致のようなデザイン。

往年のプロカメラF-1とかに似せるような

こけおどし戦法をとらないところは、

キヤノンの妙に真面目なところなのだけど。

m5.jpg

家電量販店でキヤノンEOS M5を 実際に触ってみた。

高倍率ズームレンズのEF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STMが

装着されていたせいか(レンズ単体で300グラム)、

なにこれ、ズッシリ重いじゃん!と言うのが第一印象。

(カメラ+レンズで727グラム)

この第一印象で大減点になってしまった。

で、いろいろ触ってみて思ったのが、

(面白くないカメラだなあ…。)

いわゆる普通のミラーレス一眼だったからだ。

それ以上でも以下でもない。

それで十分なのだろうが、

「いままでのミラーレスに、満足しているか?」と

キヤノンは、自信ありげに言っているのだから、

名称未設定 2.jpg

期待するのは当然だろう。

で、他社のミラーレスとどこが違うのか?

キヤノンの言う、いままでのミラーレスとは、

いままでのEOS Mシリーズのことなのか?


で、後日、また同じ量販店にEOS M5を見に行ってみた。

今回は小型軽量の標準ズームレンズEF-M15-45mmが装着されていた。

手にした時の印象が前回とは全く違った。

「軽っ!」

この感覚はまさしく、いままでのEOS Mシリーズのものだ。

(そうか、このレンズ、たったの130グラムしかないんだ…。)

カメラ+レンズで557グラム、

EOS Kiss X7+18-55mm付きより、だいぶ軽い。

それどころかEOS M+18-55mmの508グラムより、

たったの50グラム重いだけだ。

15-45mmって、いままで全くノーマークだったのだけど、

この軽さは凄い!と、あらためて思う。

EOS Mシリーズって、小さくて軽いレンズを付けて

機動力を生かすべきカメラだと思う。

(重い高倍率ズームは動画には便利なんだけど…)

そう考えると、22mmとか28ミリマクロみたいな、小さな単焦点レンズが、

もっともっと揃えばなあと思う。


このカメラ、よくよくいじってみると、

操作もしやすいし、デザインもそんなに悪くない。

実物はOM2000には似ていなかった(笑)。

このカメラ、意外といいかも…。

あれ?なんだか、M5が、ちょっと好きになってきたかも(苦笑)。


前の4件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。